ハウスメーカー、工務店、建築家との違い

(あくまでも主観的考えです)

6.ハウスメーカー、工務店との違いは?


ハウスメーカー工務店は、
設計と工事を一括で請け負いますので不透明な部分があります。

建築家(専業設計事務所)はあなたの代理人となるため透明性が高いと思います。



では何が違うのでしょうか?

ハウスメーカーで家を買う場合のメリットは、そのネームバリューによる安心感だと思います。
大企業=ブランドと考えた時に確かな品質の住宅が取得できそうな気がします。

工務店に設計施工でお任せする時のメリットは、施工品質の高さとコストコントロールの高さだと思います。
実際に施工する方が設計まですることで、無駄なく良質な家が手に入るような気がします。

デメリットとしては、
両者の一般的に共通する事は、施工する側の人が窓口にあるということです。
その場合どうしても自分たちの利益をより多くしたくなる心理が働きますから、どうしても細かな金額が見えにくくなってしまいます。

それと、大きなハウスメーカーは、実際に造る方は地場の工務店さんがほとんどです。
なので、ブランド力=品質の高さには結びつき難いと思います。

工務店さんの設計施工も、トータルでみると良さそうですが、設計に関しては今までにやったことのある造り方をやりがちなので、設計に幅がないように思います。
いわゆる革新的とか挑戦的、冒険的な発想には躊躇しがちです。


建築家(専業設計事務所)の場合は、あなたから設計監理のみの報酬を頂きます。
なので、施工側とはお金の利害関係がありません。
よって施工側に優位となりがちな物事の判断を、あなたの指標側に立ってきちんと決断することができます。
見えにくいコストと施工が見えやすくなり、安心で納得の建築を造ることができます。


多くの人が一生のうちに何度も建築できるわけではありません。
ご自身にとって納得のいくものを造るためには、何が最も望ましいかをじっくりとお考えいただきたいと願っております。